発達障害サポーターズスクール

発達障害学習支援サポーター資格養成講座

LICENSE
発達障害学習支援サポーター養成

発達障害学習支援サポーター養成講座

発達障害のある子どもたちへ学習支援を実践するために求められる実際的なノウハウを凝縮した講座です。
学習支援ノウハウの全体像を把握して頂き、支援に求められる考え方や方法論を学んで頂きます。
本講座受講後に資格試験を受験して頂き、合格されると発達障害学習支援サポーター資格を取得していただくことが出来ます。

講座内容

講義時間5時間
試験時間1.5時間 (後日実施)
受講料(受験料含)29,500円/名(税込)
資格試験受験要件(1)、(2)のいずれかに該当する方。

  1. 発達障害基礎理解講座Ⅱ(旧基礎理解講座)修了者(提出物:受講修了証コピー)
  2. 以下の資格保有者(提出物:資格保有を証明できる書類(コピー可))
    臨床心理士、臨床発達心理士、社会福祉士、精神保健福祉士、教員免許、保育士、幼稚園教諭、
    医師、看護師(准看護師)、言語聴覚士、作業療法士、理学療法士、児童発達支援管理責任者

※複数該当される場合も書類提出は上記のうち1つで大丈夫です

養成講座概要学習支援の必要

  • 統計から見えてくること
  • 発達障害が学力獲得を難しくする要因
  • 学力低下がもたらす影響

学習支援者に求められるスタンス、考え方

  • 個別的なニーズを理解し支援する
  • トップダウンとボトムアップの視点

学習支援の方法論

  • 学習支援の基本ピラミッド
  • 支援の構造化の基本
  • 個別的理解のための視点(認知特性理解、情緒特性理解など)
  • 支援の工夫の考え方(支援を組み立てる4つのK)
試験方式CBT方式(コンピューターによる集合型受験) 2017年12月受験分より

全国47都道府県の約200の試験会場からお近くの会場を選び、ご都合の良い日時に受験可能。

くわしくはこちらへ

試験概要(出題内容)①発達障害の基礎知識全般

  • 発達障害基礎理解講座Ⅰ(旧入門講座)で学ぶ範囲
  • 発達障害基礎理解講座Ⅱ(旧基礎理解講座)で学ぶ範囲

②学習支援概論

  • サポーター(旧3級)養成講座で学ぶ範囲

※①、②の問題は以下の2つの出題形式の設問となります

 ・用語記述問題(解説文を読み、専門用語を解答する問題)

 ・誤答選択問題(選択肢の中から、誤りのある文を選ぶ問題)

 

基礎学力

  • 中学英数(基礎レベル)

※基礎学力問題の出題は以下の出題イメージを参照ください

基礎学力問題出題イメージ

講座種別
  • 会場開催型講座
  • オンライン講座
交付物
  • テキスト(発達障害サポーター’sスクールオリジナル)
  • 受講修了証
  • 初回試験無料の受験チケット(受講日に属する月から4か月後の月末有効期限)

[資格試験(別日実施)の合格者のみ以下2点を後日交付]

  • 合格証書
  • 発達障害学習支援サポーター(旧3級)資格登録証
その他※資格登録は1年単位で、年度ごとに更新料7,000円が必要となります。
(12月~2月期間中の試験会で合格し資格を取得された方は翌4月1日付の資格証の発行となります
上記以外の期間の試験会で合格された方は、受験月の翌月付けの資格が発行されます)
※試験不合格の方は再受験が可能です。(再受験料5,400円)

受講者の声

VOICE

いきなり工夫を考える支援者が多いというのは耳が痛い話でした

構造化→個別理解→工夫の手順ではなく、いきなり工夫を考える支援者が多いというのは耳が痛い話でした。個別理解に関しても奥が深く、普段自分も意識していないことが多くあったので、もっと学習を深めていければと思います。

学生

課題、仮説、工夫など、自分自身の整理に繋がりました。

課題、仮説、工夫など、自分自身の整理に繋がりました。日々の支援のなかで混在していることに気付きました。学習支援について支援者として、また集団療育の中での支援の一致の大切さが学べました。

放課後等デイサービス指導員

個別理解をもっと充実させる必要があると感じました。

実際にかかわっている子どもと重なる事例も多く、今後の支援でとても役立つ内容ばかりでした。やはり指導の工夫など方法論ばかり意識しがちだが、その前提となる構造化、個別理解をもっと充実させる必要があると感じました。

学習支援塾講師

構造化と個別理解をきちんとせずに工夫を考えようとしていたことに気づきました

自分自身が構造化と個別理解をきちんとせずに工夫を考えようとしていたことに気づき、再構造していきたいと思いました。

児童指導員

一覧に戻る