多様性を
可能性に

ASSOCIATION OVERVIEW協会概要

協会概要

団体名
一般社団法人 子ども・青少年育成支援協会(非営利型法人)
設立日
2009年8月7日
代表者
上木誠吾
法律顧問
北浜法律事務所
税務顧問
小澤会計事務所
所在地

〒530-0041
大阪府大阪市北区天神橋3丁目2番10号 スリージェ南森町ビル6階

MAPはこちら
連絡先
TEL:06-6352-5562
FAX:050-3737-5168

事業目的

障がい者及び学習困難者の児童又は青少年の健全な育成を目的とします。

  1. 1.障害者及び学習困難者に関する企画、調査及び研究
  2. 2.障害者及び学習困難者に関する関連団体及び行政との意見交換及び連携
  3. 3.障害者及び学習困難者に関する情報の収集及び提供
  4. 4.障害者及び学習困難者に関する刊行物の出版及び講習会等の開催
  5. 5.障害者及び学習困難者に関する相談の実施
  6. 6.障害者及び学習困難者を支援する人材の育成
  7. 7.障害者及び学習困難者に対する学習の支援
  8. 8.その他当法人の目的を達成するために必要な事業

MESSAGE FROM THE PRESIDENT代表挨拶

上木 誠吾

特別なニーズを持つ子ども・青少年たちを
支えるだけでなく、関係する専門家や親御さんを支援する環境も整えていきます。

公的なセーフティーネットの網から漏れてしまっている特別なニーズを持つ子ども・青少年たちは沢山います。
まだまだ社会的認知が低いその現状を変えるために、彼らに関する専門家や専門家の卵の皆さんがより多様に活躍できる環境を産みだし、また同時に、不安や悩みを抱える子ども達や親御さん達を包括的に支援できる環境も産みだしていきたいと思っています。是非この活動にご賛同頂ければ幸いです。

代表理事(共同代表)上木 誠吾

プロフィール

2001年京都文教大学人間学部臨床心理学科(現:臨床心理学部)卒業。
コンサルティング会社を経て、2006年株式会社クリップオン・リレーションズ創業。
2009年に一般社団法人子ども・青少年育成支援協会を設立。
産業カウンセラー、キャリアコンサルタント資格取得

人の多様性が真に活かされあう社会を目指して

人間はそもそもいろいろな意味で多様なのですが、社会の様々なしくみはそのことを前提としたものにはなれていないように思います。少数派、多数派に関わらずひとり一人の特性や個性に合った多様な生き方が尊重される社会となることが必要です。私たちの活動を通じて一人でも多くの多様な子どもたち、若者たちの未来によりよい影響が生まれることを願っています。

代表理事(共同代表)村中 直人

プロフィール

大阪市立大学(現:大阪公立大学)生活科学部人間福祉学科を卒業後、京都文教大学大学院 臨床心理学研究科を修了。大阪市教育センターにてスクールカウンセラーに従事した後に、株式会社クリップオン・リレーションズ設立に参画。主に医療・福祉・教育などの支援専門領域における専門家人材育成とコンテンツ開発を得意とし、研修実績は述べ2万人を超える。現在は Chief Knowledge Officer として、知識やノウハウを活かす戦略を担当している。
著書に「ニューロダイバーシティの教科書(金子書房)」「<叱る依存>がとまらない(紀伊國屋書店出版部)」などがある。臨床心理士、公認心理師。

OFFICER LIST役員一覧

代表理事(共同代表)

上木 誠吾

常 勤

一般社団法人子ども・青少年育成支援協会

村中 直人

常 勤

一般社団法人子ども・青少年育成支援協会

 
理事

田辺 研吾

非常勤

株式会社リエゾ 代表取締役

 
監事

高石 浩一

非常勤

京都文教大学 臨床心理学部 教授

 

CONTACTお問い合わせ

一般社団法人 子ども・青少年育成支援協会の公式ホームページにご訪問くださり、ありがとうございます。
ご質問・入会についてなどに関するお問い合わせは、以下のフォームにご入力いただき「問合せをする」をクリックしてください。
お問い合わせ頂きました内容には、順次ご回答させて頂きます。