発達障害サポーターズスクール

特別講座・イベント・シンポジウム等

SPECIAL / EVENT / SYMPOSIUM

「叱る」と「ほめる」の科学

「叱る」「ほめる」という行為は支援活動や日常の中でとても身近でかつ、影響力の非常に大きいコミュニケーション方法です。体罰や虐待の問題など、近年関心の高まっているトピックスとの連続性も指摘され、益々重要性が高まっているとも考えられています。
本講座は脳・神経科学や行動科学などの専門知見を引用しながら、「叱る」「ほめる」の裏側に存在する様々なメカニズムや影響について学んで頂く内容となっています。「叱る」や「ほめる」の効果や限界を正しく理解し、工夫出来ることや注意すべきことを知ることで、日々の実践にお役立て頂くための講座となっております。

講座内容

こんな人におすすめ
  • 叱る、ほめるについて専門的な知識を学びたい人
  • 子どもたちとのよりよい関わり方を学びたい人
  • 日々の実践の中で叱る回数を減らしたい、なくしたい人
受講資格要件 なし
講義時間 約2時間
受講料 ○一般:2,750円/名(税込)
○発達障害学習支援サポーター資格登録者:2,200円/名(税込)
※当スクール発行資格保有者の方に限ります。
講座概要 叱るについて考える

  • 叱るに関する基礎知識
  • 叱るに関する脳・神経科学的な理解
  • 叱るの諸側面と実際問題
  • 叱るに関する工夫と注意点

ほめるについて考える

  • ほめるに関する基礎知識
  • ほめるに関する脳・神経科学的な理解
  • ほめるの諸側面と実際問題
  • ほめるに関する工夫と注意点

叱るとほめるの前さばき

  • 行動の前にすべきこと
講師

村中 直人 (臨床心理士、公認心理師)

臨床心理士として大阪市教育センターでの心理相談員やスクールカウンセラーなど主に教育分野で勤務し、発達障害、聴覚障害、不登校など特別なニーズを持つ子どもたち、保護者の支援を行う。支援を行う中でニーズに対する支援の少なさを実感し、一般社団法人 子ども・青少年育成支援協会の設立に参画。あすはな先生の立ち上げにも従事し、特別なニーズを持つ子どもたちや保護者への支援者を数多く育成する。現在は発達障害学習支援サポーター資格制度を通じ、全国に正しい知識を持った理解のある支援者を増やすべく「発達障害学習支援サポーターの育成」に取り組んでいる。

受講方法 オンライン講座にて随時受講していただけます。
その他特記事項 ※ご受講には受講者登録(無料)が必要です。
※講座の資料はダウンロード形式にて配布となります。決済後のお申し込み完了メール内にダウンロードURLの記載がございます。ご利用くださいませ。

受講者の声・法人会員の声

VOICE

一覧に戻る