発達障害サポーターズスクール

テーマ別講座

theme

発達障害支援者のための脳・神経科学リテラシー入門Ⅱ
~発達障害に関連する重要部位と神経ネットワーク~

近年、発達障害に関する「脳・神経科学領域の専門知見」が飛躍的に増加してきています。その為、発達障害を理解し支援しようとする時に、脳・神経科学的な知識や根拠を無視することの出来ない時代になってきていると言えるでしょう。しかしながら脳・神経科学の基本的な知識(リテラシー)がないと、そういった知見を正しく理解し活用することが難しくなってしまいます。本講座は、脳・神経科学リテラシー講座Ⅰの続編として、特に発達障害と関連が深いと考えられている領域を中心に、脳・神経科学の知見について学んで頂く内容となっています。

※脳・神経科学知識の正確性に万全を期すために、国立障害者リハビリテーションセンター研究所・脳機能系障害研究部の井手正和博士に監修して頂いております。

講座内容

こんな人におすすめ
  • 社会性や実行機能など発達障害と関連が深いと考えられる領域の脳・神経科学の基礎知識を学びたい人
  • 支援実践に神経科学の研究知見を取り入れたい人
  • 神経多様性(ニューロダイバーシティ)視点での支援実践を行いたい人
受講資格要件 なし
講義時間 約3時間(予定)
受講料 ○一般:4,400円/名(税込)
○発達障害学習支援サポーター資格登録者:3,300円/名(税込)
※当スクール発行資格保有者の方に限ります。
講座概要 発達障害と脳・神経科学的理解

  • 脳のネットワークという視点

社会脳関連の重要部位、神経ネットワーク

  • 扁桃体
  • ミラーニューロン
  • 島皮質
  • デフォルトモードネットワーク
  • メンタライジングネットワーク

認知脳関の連重要部位、神経ネットワーク

  • ワーキングメモリーネットワーク
  • 注意機能の神経基盤

その他の重要部位、神経ネットワーク

  • 報酬系回路
  • 自己認識の神経基盤
講師

村中 直人 (臨床心理士、公認心理師)

臨床心理士として大阪市教育センターでの心理相談員やスクールカウンセラーなど主に教育分野で勤務し、発達障害、聴覚障害、不登校など特別なニーズを持つ子どもたち、保護者の支援を行う。支援を行う中でニーズに対する支援の少なさを実感し、一般社団法人 子ども・青少年育成支援協会の設立に参画。あすはな先生の立ち上げにも従事し、特別なニーズを持つ子どもたちや保護者への支援者を数多く育成する。現在は発達障害学習支援サポーター資格制度を通じ、全国に正しい知識を持った理解のある支援者を増やすべく「発達障害学習支援サポーターの育成」に取り組んでいる。

脳・神経科学監修 井手正和博士(国立障害者リハビリテーションセンター研究所・脳機能系障害研究部)
受講方法 オンライン講座(収録型)
その他特記事項 ※本講座はⅠとⅡのシリーズ講座となっております。
※ご受講には受講者登録(無料)が必要です。
※講座の資料はダウンロード形式にて配布となります。決済後のお申し込み完了メール内にダウンロードURLの記載がございます。ご利用くださいませ。

受講者の声・法人会員の声

VOICE

一覧に戻る