発達障害児への学習支援に関する新資格を創設!


全国の小中学校に約70万人(6.5%)いるといわれている

発達障害の疑いがある子ども達に

対する専門的知識を持った学習支援者は圧倒的不足状況。

1万人の支援者を養成することを目標に創設。

 

発達障がい・聴覚障がい・不登校などの特別なニーズを持つ子ども達のための学習支援事業(家庭教師・塾)『あすはな先生』をおこなう、一般社団法人子ども・青少年育成支援協会(大阪市 教育事業 代表理事:上木誠吾、村中直人)は、家庭教師や塾事業で培ったノウハウを活かし、2014年9月より新資格「発達障害学習支援サポーター」を創設し、圧倒的に不足している発達障害児への学習支援者の養成に本格的に乗り出します。

 

「一般社団法人子ども・青少年育成支援協会」は、2009年より発達障害などの特別なニーズを持つ子ども達の学習支援事業である『あすはな先生』において、心理・福祉・教育の専門課程に在籍している専門家を目指す大学生や大学院生、若手の専門家(臨床心理士、教員、社会福祉士など)を学習支援者として約300名育成してきました。
しかし、発達障害を中心とした特別なニーズを持つ子ども達に対する社会的な問題意識が拡がりを見せるなかで、急激に増え続ける学習支援ニーズに対応出来る学習支援者の確保が全国的に難しい状況が続いており、弊社団においても問い合せから2ヶ月以上の待ちが20件を超える状況となっています。
発達障害児などの特別なニーズを持った子ども達は、小中学校年代での適切な対応が非常に重要で、この年代で適切な対応がなされないとドロップアウトや不適応をおこしてしまう率が格段に上昇してしまうため、適切な対応ができる学習支援者を新たに養成し増やしていくことは喫緊の課題です。

 

そこで、『あすはな先生』の経験やノウハウを活かし、心理・福祉・教育の専門課程で学んでいない方でも、適切な学習支援の対応ができるように指導養成し、全国的に人手不足となっている学習支援者を5年間で1万人を目標に増やしていきたいと考えています。
資格取得後は、『あすはな先生』の講師としてや、様々な教育現場でご活躍頂けるだけでなく、上位資格のコーディネーター資格取得者には独立開業もできるように支援を行っていく予定です。
■新資格の概要
①名称
「発達障害学習支援サポーター」 3級、2級、1級
「発達障害学習支援コーディネーター」 ※上位資格
「発達障害基礎理解講座」 ※3級受験資格が無い方のみ受講必須

 

②直近のスケジュール予定
・ 9月 発達障害基礎理解講座
・ 10月 発達障害学習支援サポーター3級 養成講座
・ 11月 発達障害学習支援サポーター3級 資格試験
・ 12月 発達障害学習支援サポーター2級 養成講座
・ 2015年1月 発達障害学習支援サポーター2級 資格試験

 

③開催地
先ずは大阪と東京からスタート。
その後、名古屋、博多、仙台、札幌と全国で実施予定。

 

④その他
新資格のアドバイザリーボードとして、発達障害分野で実績のある医師や大学教授が複数名就任予定。

 

<法人概要>
商 号 : 一般社団法人子ども・青少年育成支援協会
代表者 : 上木誠吾、村中直人
本 社 : 〒530-0011 大阪府大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪ナレッジキャピタル8階K821
設 立 : 2009年8月7日
事業内容: 学習支援事業(あすはな先生)、カウンセリング事業(教育相談、発達検査)
URL  : 法人サイト http://cysa.or.jp/   あすはな先生サイト http://asuhana.jp/

 

<本件に関するお問い合わせ先>
一般社団法人 子ども・青少年育成支援協会  経営管理部
担当: 本間 美岐 (ほんま みき)
TEL: 06−6136−3562   E-mail: honma@cysa.or.jp