有資格者向け 実践ワークショップ

4つのK 実践演習ワークショップ

発達障害学習支援サポーター資格では、学習支援を実施する際の4つのK(課題、仮説、工夫、結果)の視点を重視しています。本ワークショップは発達障害学習支援サポーター養成講座をご受講いただいた方を対象とした4つのKの実践的な演習講座です。多数の実例から精巧に作られた模擬事例の情報を基に、支援の組み立ての基礎である、4つのKの方法論を演習形式で学んで頂ける現場ですぐにご活用いただける内容となっています。

 

こんな人におすすめ
  • 学習支援者としてステップアップしたい人
  • 4つのKのノウハウを現場で使用できる実践知として身につけたい人
  • 個別支援(指導)計画を、もっと専門知を活かして書けるようになりたい人
受講資格条件 発達障害学習支援サポーター資格保有者(発達障害学習支援サポーター養成講座受講者も可)
実施時間 4時間
ワークショップ概要 4つのK実習
模擬事例を用いた、4つのKの各ステップごとの実習 

・「課題の明確化」実習
・「仮説の立案」実習
・「工夫の実施」実習

 

実践総合演習
模擬事例を用いた、4つのK総合演習
・「課題」、「仮説」、「工夫」の総合演習

受講料 ○6,400円/名(税込)※2018年11月講座より6,480円/名(税込)

○発達障害学習支援サポーター資格登録者:5,400円/名(税込)※2018年9月講座より

※ご参加は当発達障害学習支援サポーター養成講座受講者の方に限ります。